トップページ / お知らせ / 「新しい公共の具体策」 静岡新聞/時評に掲載されました

お知らせ

更新日:2010/05/26

「新しい公共の具体策」 静岡新聞/時評に掲載されました

静岡新聞の 『時評』 コーナーに、和座の代表理事・川口良子の文章が掲載されました。

 ★     ★ 

 

静岡新聞2010年5月20日号[時評]欄    静岡新聞 平成22(2010年)5月20日号 11ページ
  「新しい公共の具体策  人間関係育てる土壌を」
 
「新しい公共」という、比較的新しい政策を紹介しています。また、一事業者の取り組みがまちづくりへ影響を与えた事例もあわせて紹介しています。

熊本市内のメインストリートの裏手、木造の古い建物が並ぶ通りがあります。文字通り「裏通り」の寂しいところでした。
ここで、地元工務店の山野潤一氏が、古い建物を改装して商業スペースにする、という工務店らしい仕事を行っています。
ユニークなのは、あわせて、独自の手法で、若手開業者の人材育成等も続けたこと。この繰り返しの結果、名前もなかった通りが、若者が昼夜集まる人気のエリアに生まれ変わり、「上乃裏通り(かみのうらどおり)」と名前もつきました。

 
←クリックすると、別のウィンドウが開き、記事を一回り大きく表示します。

  
 

★「静岡新聞」のサイト トップページは こちら からどうぞ

 

「お知らせ」一覧