トップページ / お知らせ / 茶農家てんだいツアー 終了しました

お知らせ

更新日:2010/04/27

茶農家てんだいツアー 終了しました

2010年4月25日、
新茶シーズン到来! 静岡茶発祥の地で茶農家入門:手摘み手伝い(てんだい) のツアーを開催し、無事終了いたしました。

足久保・向山で茶摘みのてんだい中

雨続きで心配された天気ですが、当日は天気予報どおりすっきりとした青空が広がりました。
道路から見上げるような斜面を登り、農家さんに混ざって、ツアー参加者も一生懸命てんだい(手伝い)しています。

茶畑の中でのお昼は、たけのこや山菜も盛りだくさん

茶摘みの後は、新茶の畑の中で地産地消のお昼ご飯。
たけのこ、ワラビ、イチゴなど、地元の旬の味覚で、エネルギー補給!

摘んだお茶の葉が蒸される様子を見学中

摘んだお茶はすぐに製茶工場へ。 目の前で、お茶の葉の様子が変わっていきます。農家さんや農協職員の、ていねいな説明つき。

加工段階でお茶の形や味わいが変化するのを体感

加工途中の葉っぱを抜き出して、加工段階別にお茶の飲み比べをしました。これも、この時期だけの、貴重な体験です。
この頃には、各地からのお客さん同士も親しくなり、こっちのテーブル、あっちのテーブルでお茶談義が盛り上がりました。
(お客さんの隣では、お茶農家さんも集まって、一緒に試飲をしていました。)

   
この日、荒茶まで加工したお茶は、数日の内に仕上げの加工をして、参加者へ送られます。
また、半分は涼しいところで寝かせ、「熟成茶」として秋にも楽しんでいただくことになっています。
 

「また[てんだい]に来たい」とお茶農家さんに直談判する方、宿泊して、翌日、静岡茶市場を見学される方などもおられました。受け入れをした足久保のみなさんも、お茶時期前のひと時を朗らかに過ごしておられました。

◆ 今後も展開します

 今後、紅茶サミット(2010年6月)、第4回世界お茶まつり(2010年10月)などに合わせ、お茶と静岡を楽しむプログラムを計画しております。
 どうぞお楽しみに。

★ お茶のまちづくり [茶産地集落 × ツーリズム] について
   お茶のまちづくりの事例をこちらでも紹介しています。

★ 静岡茶発祥の地で茶農家入門:手摘み手伝い(てんだい) のプログラム
   チラシはこちら(PDFファイル(312KB)が開きます)

★ ツアーの様子
   こちら(事務局長のブログ)もご覧ください。

「お知らせ」一覧